メルボルンの基本情報

メルボルンメルボルンは、迷路のような路地に高級なバーやレストラン、ブティックが隠れています。ここでは、文化を肌で感じ、多種多様な食事やワインを楽しみ、明け方まで踊り続け、のんびりと公園や木々の生い茂った道を散策してみましょう。
観光ならメルボルンのランドマークの文化施設フェデレーション・スクエア(Federation Square)へ。セント・キルダ(St Kilda)の街路樹の並木道ではトワイライトタイムのビールが似合います。若者文化が香るファンキーなブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)や、高級ブティックが並ぶチャペル・ストリート(Chapel Street)では心ゆくまでショッピングを。おしゃれなカフェ、ビストロ、バーが集まるのはサウスバンク(Southbank)、また、カールトン(Carlton)、リッチモンド(Richmond)、 フィッツロイ( Fitzroy)といったエリアではアジアからヨーロッパまで世界各国のグルメを漫遊することができます。王立植物園(Royal Botanic Gardens)ではアボリジニの文化を知るヘリテージ・ウォークに参加、本場のオージールール・ラグビーを観戦したいならメルボルン・クリケット・グランド(Melbourne Cricket Ground)へ足を運んでみるのがいいでしょう。

メルボルン旅行基本情報




メルボルン旅行おすすめスポット


心ゆくまで買い物をする
街の一画を占める歴史あるメルボルン・ジェネラル・ポスト・オフィス(Melbourne General Post Office)などでは、アキラ・イソガワ(Akira Isogawa)やジンマーマン(Zimmerman)といったデザイナー・ブランドが購入できます。多種多様なブティック、高級ファッション、しゃれた雑貨屋、それにヨーロピアン・スタイルの広場などが、街のアーケードや路地裏などに数多く見られるメルボルンは、まさに買い物好きにとっては天国のような場所です。

バーのはしご、そしてダンスで夜明かし
チャイナタウン(Chinatown)にある貨物船のコンテナを改装したバーでカクテルを楽しんだり、市内のジャズバーでレトロなインテリアに囲まれながらキャバレー音楽を楽しみましょうか。


グルメにはまる
ゴシック調のヨーロッパ風の路地に漂う上質のコーヒーの香りを楽しみましょう。メルボルンは美味しいコーヒーと昔ながらのカフェ文化で知られていますが、体験してみたてもらいたのはコーヒーだけではありません。エスプレッソか午後のアペリティフを飲み終えたら、19世紀に建てられたホテルでお茶を楽しんだり、土曜日には、観光客やメルボルン市民でにぎわい、ストリート・ミュージシャンも登場する名物のクイーン・ビクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)へ。新鮮な果物や野菜、シーフードなどを選んでみるのも楽しいでしょう。

カルチャー通になる
オーストラリアの文化の中心地、メルボルンを本拠地としている、オーストラリア・バレエの舞台を観てみましょう。メルボルンっ子たちにとって文化の発信基地でもあるフェデレーション・スクエア内のオーストラリア動画センター(Australian Centre for The Moving Image)も必見です。

スポーツ・マニアになる
メルボルン・パーク(Melbourne Park)ではあの全豪オープン(Australian Tennis Open)を観戦するのはいかがですか? また、本格的な競馬ファンにも、ちょっとギャンブルを楽しみたい人にも、毎年11月の第2火曜日に行われる世界一豪華な競馬レース、メルボルン・カップは絶対に見逃せないイベントです。


より大きな地図で メルボルンおすすめスポット を表示


このエリアの漫画を見る このエリアの体験ナビを見る

同じカテゴリー(●都市情報一覧)の記事画像
シドニーの基本情報
ゴールド・コーストの基本情報
ケアンズの基本情報
パースの基本情報
ウルル周辺の基本情報
アデレードの基本情報
同じカテゴリー(●都市情報一覧)の記事
 シドニーの基本情報 (2011-07-05 15:07)
 ゴールド・コーストの基本情報 (2011-07-03 17:30)
 ケアンズの基本情報 (2011-07-02 17:05)
 パースの基本情報 (2011-07-01 17:34)
 ウルル周辺の基本情報 (2011-07-01 10:38)
 アデレードの基本情報 (2011-07-01 09:00)


削除
メルボルンの基本情報