パッフィンビリーSL鉄道とダンデノン丘陵

ダンデノン丘陵野鳥の森ではカラフルな野鳥の餌付け体験。その後パッフィンビリー鉄道ベルグレイブ駅へ。この鉄道は100年以上の歴史を持つSL蒸気機関車が走っており、地元の人たちの熱意の後押しで運営されています。ここの客車の最大の特徴、窓から足を出して腰掛けることができます。緑多い自然の中開放感を肌で感じながら進みます。片道約1時間20分。途中下車で街を散策すればちょっとした旅人気分。SLの型はどこか見覚えがある形、そう「きかんしゃトーマス」です。実際にトーマスを模した機関車が走る区間(期間限定) もあります。


漫画を拡大する PDFで印刷する


同じカテゴリー(メルボルン漫画)の記事画像
オーストラリアワインの里 ヤラ・バレー
大人が楽しむ優雅な食事 トラムカーレストラン
メルボルンから行く フィリップ島
【メルボルン】ファッション、グルメ、文化の発信地は健康的
同じカテゴリー(メルボルン漫画)の記事
 オーストラリアワインの里 ヤラ・バレー (2012-09-01 07:26)
 大人が楽しむ優雅な食事 トラムカーレストラン (2011-11-01 09:36)
 メルボルンから行く フィリップ島 (2011-07-05 08:55)
 【メルボルン】ファッション、グルメ、文化の発信地は健康的 (2011-07-01 14:06)


削除
パッフィンビリーSL鉄道とダンデノン丘陵